Events

Yearly Monthly Weekly Daily List
10月 2022

仏教を理解する ■ ダルマシティ&オンライン ■ 10月~12月18日の日曜8日間

仏教を理解する 哲学、日常生活、修行 仏教の基本を発見・再発見できる全8回(日本時間で、日曜17時~19時30分、と21時~22時30分)のコースです。 このコースでは、リンポチェが仏教の考え方、行い、日常生活においての活用や瞑想を説明されます。 実際のコースはダルマシティで開催されますが、オンラインでも放送される予定です。 パトゥル・リンポチェは、経験豊かな仏教の師です。 【日程】 10月9日、16日 11月13日、20日、27日 12月4日、11日、18日 【言語】 パトゥル・リンポチェはチベット語と英語で授業を行います。 会場ではフランス語の通訳がつきます。 オンラインでは、より多くの言語で視聴できます(下記参照)。 【スケジュール】 現地でのスケジュール 日曜日を丸ごと私たちと一緒に過ごすことを提案しています😊 計画は次のとおりです。 中央ヨーロッパの時間: 午前10時~12時:法話(休憩を含む) 午前12時~午後1時:ダルマシティでのボランティア活動 午後1時:ランチ(下記参照) 午後2時~午後3時30分:法話 午後3時30分~午後3時45分:小グループでの理解共有 16時~17時30分:ダルマシティでのボランティア活動 午後5時30分 : 一緒にお茶をする。 オンラインスケジュール 日本時間 (※10月中は以下の通り、※11月以降は冬タイムが始まりますので、+1時間) 17時~19時:法話(休憩を含む) 21時~22時30分:法話(休憩を含む) 【昼食】 ダルマシティの茶室で食事をすることが可能です。 コースの受講生は、予約の上、10ユーロ(飲み物別)で食事をとることができます。食事の予約は、コースの前の木曜日までに info@zpi.patrulrinpoche.net 宛てにメールを送ってください。※ 予約をされなかった場合でも、「アラカルト」でお食事をすることは可能です。 【オンラインコース】 現地の模様は(チベット語と英語)はリンポチェの オリジナルYouTubeチャンネルで放送される予定です。 【逐次の通訳付きの放送は以下の通り】 日本語のYouTubeチャンネル  ロシア語のYouTubeチャンネル ...
09 10月
10:00 - 15:30
ダルマ・シティ
Rue de Mettet 300 Florennes, 5620 ベルギー

仏教を理解する ■ ダルマシティ&オンライン ■ 10月~12月18日の日曜8日間

仏教を理解する 哲学、日常生活、修行 仏教の基本を発見・再発見できる全8回(日本時間で、日曜17時~19時30分、と21時~22時30分)のコースです。 このコースでは、リンポチェが仏教の考え方、行い、日常生活においての活用や瞑想を説明されます。 実際のコースはダルマシティで開催されますが、オンラインでも放送される予定です。 パトゥル・リンポチェは、経験豊かな仏教の師です。 【日程】 10月9日、16日 11月13日、20日、27日 12月4日、11日、18日 【言語】 パトゥル・リンポチェはチベット語と英語で授業を行います。 会場ではフランス語の通訳がつきます。 オンラインでは、より多くの言語で視聴できます(下記参照)。 【スケジュール】 現地でのスケジュール 日曜日を丸ごと私たちと一緒に過ごすことを提案しています😊 計画は次のとおりです。 中央ヨーロッパの時間: 午前10時~12時:法話(休憩を含む) 午前12時~午後1時:ダルマシティでのボランティア活動 午後1時:ランチ(下記参照) 午後2時~午後3時30分:法話 午後3時30分~午後3時45分:小グループでの理解共有 16時~17時30分:ダルマシティでのボランティア活動 午後5時30分 : 一緒にお茶をする。 オンラインスケジュール 日本時間 (※10月中は以下の通り、※11月以降は冬タイムが始まりますので、+1時間) 17時~19時:法話(休憩を含む) 21時~22時30分:法話(休憩を含む) 【昼食】 ダルマシティの茶室で食事をすることが可能です。 コースの受講生は、予約の上、10ユーロ(飲み物別)で食事をとることができます。食事の予約は、コースの前の木曜日までに info@zpi.patrulrinpoche.net 宛てにメールを送ってください。※ 予約をされなかった場合でも、「アラカルト」でお食事をすることは可能です。 【オンラインコース】 現地の模様は(チベット語と英語)はリンポチェの オリジナルYouTubeチャンネルで放送される予定です。 【逐次の通訳付きの放送は以下の通り】 日本語のYouTubeチャンネル  ロシア語のYouTubeチャンネル ...
16 10月
10:00 - 15:30
ダルマ・シティ
Rue de Mettet 300 Florennes, 5620 ベルギー
11月 2022

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
06 11月
16:00 - 19:00
オンライン法話
ZOOM

仏教を理解する ■ ダルマシティ&オンライン ■ 10月~12月18日の日曜8日間

仏教を理解する 哲学、日常生活、修行 仏教の基本を発見・再発見できる全8回(日本時間で、日曜17時~19時30分、と21時~22時30分)のコースです。 このコースでは、リンポチェが仏教の考え方、行い、日常生活においての活用や瞑想を説明されます。 実際のコースはダルマシティで開催されますが、オンラインでも放送される予定です。 パトゥル・リンポチェは、経験豊かな仏教の師です。 【日程】 10月9日、16日 11月13日、20日、27日 12月4日、11日、18日 【言語】 パトゥル・リンポチェはチベット語と英語で授業を行います。 会場ではフランス語の通訳がつきます。 オンラインでは、より多くの言語で視聴できます(下記参照)。 【スケジュール】 現地でのスケジュール 日曜日を丸ごと私たちと一緒に過ごすことを提案しています😊 計画は次のとおりです。 中央ヨーロッパの時間: 午前10時~12時:法話(休憩を含む) 午前12時~午後1時:ダルマシティでのボランティア活動 午後1時:ランチ(下記参照) 午後2時~午後3時30分:法話 午後3時30分~午後3時45分:小グループでの理解共有 16時~17時30分:ダルマシティでのボランティア活動 午後5時30分 : 一緒にお茶をする。 オンラインスケジュール 日本時間 (※10月中は以下の通り、※11月以降は冬タイムが始まりますので、+1時間) 17時~19時:法話(休憩を含む) 21時~22時30分:法話(休憩を含む) 【昼食】 ダルマシティの茶室で食事をすることが可能です。 コースの受講生は、予約の上、10ユーロ(飲み物別)で食事をとることができます。食事の予約は、コースの前の木曜日までに info@zpi.patrulrinpoche.net 宛てにメールを送ってください。※ 予約をされなかった場合でも、「アラカルト」でお食事をすることは可能です。 【オンラインコース】 現地の模様は(チベット語と英語)はリンポチェの オリジナルYouTubeチャンネルで放送される予定です。 【逐次の通訳付きの放送は以下の通り】 日本語のYouTubeチャンネル  ロシア語のYouTubeチャンネル ...
13 11月
10:00 - 15:30
ダルマ・シティ
Rue de Mettet 300 Florennes, 5620 ベルギー

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
13 11月
14:00 - 17:00
オンライン法話
ZOOM

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
19 11月
16:00 - 19:00
オンライン法話
ZOOM

仏教を理解する ■ ダルマシティ&オンライン ■ 10月~12月18日の日曜8日間

仏教を理解する 哲学、日常生活、修行 仏教の基本を発見・再発見できる全8回(日本時間で、日曜17時~19時30分、と21時~22時30分)のコースです。 このコースでは、リンポチェが仏教の考え方、行い、日常生活においての活用や瞑想を説明されます。 実際のコースはダルマシティで開催されますが、オンラインでも放送される予定です。 パトゥル・リンポチェは、経験豊かな仏教の師です。 【日程】 10月9日、16日 11月13日、20日、27日 12月4日、11日、18日 【言語】 パトゥル・リンポチェはチベット語と英語で授業を行います。 会場ではフランス語の通訳がつきます。 オンラインでは、より多くの言語で視聴できます(下記参照)。 【スケジュール】 現地でのスケジュール 日曜日を丸ごと私たちと一緒に過ごすことを提案しています😊 計画は次のとおりです。 中央ヨーロッパの時間: 午前10時~12時:法話(休憩を含む) 午前12時~午後1時:ダルマシティでのボランティア活動 午後1時:ランチ(下記参照) 午後2時~午後3時30分:法話 午後3時30分~午後3時45分:小グループでの理解共有 16時~17時30分:ダルマシティでのボランティア活動 午後5時30分 : 一緒にお茶をする。 オンラインスケジュール 日本時間 (※10月中は以下の通り、※11月以降は冬タイムが始まりますので、+1時間) 17時~19時:法話(休憩を含む) 21時~22時30分:法話(休憩を含む) 【昼食】 ダルマシティの茶室で食事をすることが可能です。 コースの受講生は、予約の上、10ユーロ(飲み物別)で食事をとることができます。食事の予約は、コースの前の木曜日までに info@zpi.patrulrinpoche.net 宛てにメールを送ってください。※ 予約をされなかった場合でも、「アラカルト」でお食事をすることは可能です。 【オンラインコース】 現地の模様は(チベット語と英語)はリンポチェの オリジナルYouTubeチャンネルで放送される予定です。 【逐次の通訳付きの放送は以下の通り】 日本語のYouTubeチャンネル  ロシア語のYouTubeチャンネル ...
20 11月
10:00 - 15:30
ダルマ・シティ
Rue de Mettet 300 Florennes, 5620 ベルギー

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
20 11月
14:00 - 17:00
オンライン法話
ZOOM

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
23 11月
16:00 - 19:00
オンライン法話
ZOOM

ロプン・ツェリン・ゴンポ(ケンポ・トプテン・ロドゥ・ニマ)の日本人向けオンラインセミナー

(1)法話 シャーンティデーヴァ(寂天)の『入菩薩行論』第9章(智慧の章)の解説 【内容】『入菩薩行論』はチベット仏教において、誰もが学ぶべき、最重要テキストの1つです。その中でも第9章があってこそ、同書を特別な存在にしています。 まとめれば、天人の法から小乗・中観・唯識等の各見解を問答形式で表しています。また、そこでの各見解がチベット仏教の基本的な見解と認められています。チベット仏教ではこれまで数多くのテキストが著されてきました。それらは全て、本章の見解を土台として著されていると云って過言ではありません。従って、このことがチベット仏教を志す者が、同書、特に第9章を学ぶべき大きな理由となっています。 以前、ロプンが2006年に初来日していただいたときに、2日間で9章を解説してくださいました。今回は、オンライン形式の長所を生かし、改めて時間を充分にかけて、第9章を解説してくださいます。 日本の皆様は今後も多くの教えを学ばれると思います。今回のオンラインセミナーで、9章をしっかり学ぶことは、その土台造りにとても有意義ではないかと思います。 (2)日時 ①日付 全日程7日間 11月6日(日)・13日(日)・19日(土)-20日(日)・23日(水・祝)・26日(土)・27日(日) ②時間 16:00~19:00 11月6日(日)11月19日(土)11月23日(水・祝)11月26日(土) 14:00~17:00  11月13日(日)・20日(日)・27日(日) *時間が変わるのは、後記のリンポチェのオンライン法話のためです。 (3)通訳 三浦順子さんによるチベット語⇒日本語となります。 (4)セミナー形式 ①これまでの2回同様、ZOOMのウェビナー(講演用のZOOM)で行います。 *申し込んだ参加者に、各人毎のリンクをお伝えします。 ②参加費;全日程のみ 10,000円 *1デバイスあたり。家族での複数人視聴はご自由です。 ③各日の動画は、1週間のみオンラインにYouTubeにアップいたします。 *参加者のみアドレスをお送りします。 ④セミナー終了後、全法話の音声(MP3)の入ったディスクをお送りします。 ⑤テキストは、市販のものを使います。セミナーでは、ポタラカレッジのソナム先生のテキスト ポタラカレッジの ソナム・ギャルツェン ゴンタのチベット仏教・菩薩行を生きるで日本語訳を進めます。 (5)LINE 加えて、今回からの新しい試みとして、参加者用にLINEグループを設けます。そこにいろいろな連絡、特にセミナー期間中の連絡をしていこうと思います。 (6)教師 【生まれ】 現在、ベルギーでパトゥル・リンポチェの補佐を務めています。 北東チベットにあるアムド地区に遊牧民の家族で生まれ、2022 年現在49歳です。 【教育】 幼少時代、父から読み書きを学びました。成長する彼は輪廻に対する悲しさを覚え、強い出離の心を持つ。やがて、仏法について関心が高まってきました。 15 歳の時に、サムエー寺まで行き、僧侶の戒律を授かった後、一旦家族の基へ戻られました。また、16歳時に、強い発心をし、ダルマを求めてゾクチェン寺のシュ リー・スィンハ仏教大学に入学。15年間に渡り、顕密の教えの他、10種類の伝統科目を学びました。当時、彼の教師はケンチェン・ぺマ・ツェワン、ケンチェン・ダウェ・オゼル等々です。また、ドゥクパ・リ ンポチェや、キェブジェ・ペマ・カルザン・リンポチェから、彼は灌頂と指導を授かりました。また、アチュン・トグテン・リンポチェからは心の本性が直接導かれています。 ※結局、この当時、長老世代の多くの優れた成就者がご存命で、シュリー・スィンハ大学、ゾクチェン寺で、パトゥル・リンポチェや、そのほかの若い世代のリンポチェらを直接指導されました。 ケンポ・チュガに曰く「彼が誰よりも一生懸命勉強していたことを私は知っている」。 【チベットでの活動】 卒業と同時に、彼はケンポ(仏教博士)の資格を習得。その後、故郷アムドの小さな寺に入ります。そこは僧が彼以外おらず、 ...
26 11月
16:00 - 19:00
オンライン法話
ZOOM

仏教を理解する ■ ダルマシティ&オンライン ■ 10月~12月18日の日曜8日間

仏教を理解する 哲学、日常生活、修行 仏教の基本を発見・再発見できる全8回(日本時間で、日曜17時~19時30分、と21時~22時30分)のコースです。 このコースでは、リンポチェが仏教の考え方、行い、日常生活においての活用や瞑想を説明されます。 実際のコースはダルマシティで開催されますが、オンラインでも放送される予定です。 パトゥル・リンポチェは、経験豊かな仏教の師です。 【日程】 10月9日、16日 11月13日、20日、27日 12月4日、11日、18日 【言語】 パトゥル・リンポチェはチベット語と英語で授業を行います。 会場ではフランス語の通訳がつきます。 オンラインでは、より多くの言語で視聴できます(下記参照)。 【スケジュール】 現地でのスケジュール 日曜日を丸ごと私たちと一緒に過ごすことを提案しています😊 計画は次のとおりです。 中央ヨーロッパの時間: 午前10時~12時:法話(休憩を含む) 午前12時~午後1時:ダルマシティでのボランティア活動 午後1時:ランチ(下記参照) 午後2時~午後3時30分:法話 午後3時30分~午後3時45分:小グループでの理解共有 16時~17時30分:ダルマシティでのボランティア活動 午後5時30分 : 一緒にお茶をする。 オンラインスケジュール 日本時間 (※10月中は以下の通り、※11月以降は冬タイムが始まりますので、+1時間) 17時~19時:法話(休憩を含む) 21時~22時30分:法話(休憩を含む) 【昼食】 ダルマシティの茶室で食事をすることが可能です。 コースの受講生は、予約の上、10ユーロ(飲み物別)で食事をとることができます。食事の予約は、コースの前の木曜日までに info@zpi.patrulrinpoche.net 宛てにメールを送ってください。※ 予約をされなかった場合でも、「アラカルト」でお食事をすることは可能です。 【オンラインコース】 現地の模様は(チベット語と英語)はリンポチェの オリジナルYouTubeチャンネルで放送される予定です。 【逐次の通訳付きの放送は以下の通り】 日本語のYouTubeチャンネル  ロシア語のYouTubeチャンネル ...
27 11月
10:00 - 15:30
ダルマ・シティ
Rue de Mettet 300 Florennes, 5620 ベルギー
No event found!
Load More